お知らせ・ブログ

2024.06.06評判のいい不動産会社をお金で買うな

悲しい人間のさが

怪しいとわかっていてもついつい見てしまう「No1」、不動産会社に限らず食品や小売、美容院や歯医者まで「No1」が巷には溢れています。そもそも不動産会社なんてそう再々お世話になるようなカテゴリでない分、美容院や飲食店などに比べて母数が少なく客観的評価もしにくくて当たり前の世界です。

リサーチ会社の存在

昔からデータを元にサービスの信頼性や有利性を証明するNo1調査は複数社あり、老舗の調査会社では客観的で相対的な検証ができない場合は調査事態を受けてくれませんでした。ところがいつしか怪しげな調査会社が乱立してしまい、数十万の費用で「No1」を探し出してきてくれるというから驚きを隠せません。

プライドというより意地

いくら怪しいとわかっていてもそういうビジネスが成り立つので、心理学的には実際のところ効果的かも知れません。それでも“リサーチ会社に調査されたくない”という意地みたいなものと、“お金で購入した評価からは良いお金を生まない”という変な信念からなんとかそこだけは守っています。

自分ならの目線

いくら心理学的に効果があったとしても、複数割引を提案されてもずっと断固拒否しています。
【地元北区に密着度『NO1』の天満不動産】
【社長の地元愛(北区版)が強い不動産会社『NO1』】