マンション購入で地元VS大手!ってどうなの?

ほとんどのお客様が考える道でネット上にも情報があふれていますが、結論から言うとどれだけお客様の立場に立っているかで決まります。

大手の最大の強みは全国に支店があったりするために府県をまたいでも最寄りの支店で契約ができること。「地元業者には掘り出し物がある」と載せているところもありますが、普通は売主から預かった物件はすぐさまデータベースに登録して同業者に“購入者のご紹介をお願い!”って公開するため、地元だからと掘り出し物とか隠し玉とかはありません

このように不動産の物件情報は共有されており、同じ希望条件なら地元でも大手でもどこに行っても同じ物件が紹介されるはずですが、会社によって紹介される物件が限定されていたりします。これは売主も買主も自社で見つけようと仲介手数料が2倍になる両手取引を狙うあまりに、広く公開せず囲い込んだ物件のみを紹介されているパターンであって全くデメリットでしかありません。

囲い込みは大手でも地元でも、売上を重視する会社ほどする傾向が強いです

地元業者ならではの強みは地域情報や学区や自治会と行った地域に根づいた情報に詳しいこと。また初心者投資家や外国人投資家など大手では扱ってくれない案件にも柔軟に対応できるところが多いでしょう。弊社でも収益物件の場合は利回りが最優先につき、北区にこだわらず大阪市内など行き届いた管理ができるエリア内で対応させていただきます。収益物件は買って終わりではありません。購入した後も長期間、二人三脚での運用や資産運用など親身に相談ができるかどうかもポイントです。