よくある質問と回答

マンションを購入する際にお客様からよくいただくご質問のほとんどをまとめました。こちらに記載していない内容でもお電話、フォーム等でお気軽にご相談ください。

天満不動産に任せて大丈夫ですか?
弊社では不動産売買は売主側と買主側のそれぞれに仲介会社が入る片手取引を基本とし、 物件調査から決済引渡まですべてに関して双方の会社で互いにチェックしながら進めますのでご安心ください。 特に重要事項説明書と売買契約書に関しては売主と買主の双方の主張を盛り込んだ特約が必ず入ってきますので入念に打ち合わせさせていただきます。
何からどうやって探し始めれば良いですか?
最初は買いたい物件が決まっていなくても構いません。それぞれのお客様のライフスタイル・ライフプランに合った購入プランをご提案する中で、 最適な物件をご紹介させていただきます。弊社では多彩な情報チャンネルから物件探しをお手伝いするだけでなく、 気になった物件についてプロの視点からのアドバイスもさせていただきます。 具体的な手順として、多くのの場合は最初に住みたい地域を決めます。その際に、交通の利便、生活環境、発展性など、何に重点を置くかを決めます。 そして資金計画は堅実に計画し、借入金は無理なく返せる金額に設定します。最後にローンの借入先を決めます。 金融機関によってそれぞれ融資条件や返済条件が異なりますので比較確認することになります。
複数の不動産会社に頼んだ方がいいですか?
現在売り出されている不動産情報のほとんどが、業者間データベース「レインズ」に登録されていて、各不動産会社間で情報が共有されています。よって多くの不動産会社に購入の依頼をしてもあまり情報が増える訳ではありません。 逆に依頼した複数の不動産会社から頻繁に連絡がきて、煩わしく感じる場合もあります。 理想はお客様の希望をしっかりと理解してくれる、信頼できる不動産会社に依頼すれば、きっと理想の物件を購入できると思います。
不動産購入にコツや秘訣はありますか?
不動産は一つとして同じものがありません。 そして常に物件は売り出され、買われていくの繰り返しです。 まずは自分の購入条件に「優先順位」をつけましょう。 そして自分の気になる物件が出た時に、すぐに実際の物件を内覧する「行動力」が重要です。多くの物件を見る事で物件の良い点、悪い点の比較ができるようになります。 比較ができると気に入った物件が出た時に迷いがなくなります。 迷いがなくなると、良いと思える物件を見た時にすぐに購入を決断できる「決断力」がつき、理想の物件を手に入れる事ができます。 弊社でご成約されたお客様もこの「優先順位」「行動力」「決断力」の3つを理解して頂いて、理想の住まいを購入されています。
頭金(自己資金)はどのくらい必要ですか?
一般的には物件価格の20%程度必要で、まず手付金が10%そして諸費用が10%ほど必要です。 諸費用をローンでまかなう場合は手付金のみ現金でご用意いただきます。 最近では住宅ローンで物件価格の100%借入や、諸費用分まで借りれる場合もありますが、購入後ゆとりを持った確実な返済をしていくには、 やはり物件価格の20%くらいの自己資金があった方が好ましいです。
諸費用について教えてください。
A主なところでは仲介手数料、登記費用、登録免許税、火災保険料、ローン事務手数料などが必要となり、 金額の目安として物件価格の8%ほどになります。またこれら諸費用のローンも各金融機関にご用意されています。 弊社ではお客様の事情・状況に合わせて費用を試算し、自己資金・住宅ローンを組み合わせて資金計画のご提案をさせていただきます。
不動産の売却価格には消費税はかかりますか?
売主が事業者(新築やリフォーム済み中古物件など)の場合は消費税がかかりますが、 完成済みや中古物件の価格は一般的に税込み表示となっている場合がほとんどです。 また、売主が一般個人の場合は消費税は非課税となります。
入居中の物件でも内覧できますか?
事前に予定を調整して中を見学することはもちろん可能です。(賃貸中のオーナーチェンジ物件は除く) 中古マンションの場合、現況の状態でお引き渡しするのが一般的ですので、まずは部屋の広さ、設置してある設備、日当たり眺望などを確認しましょう。 売主様が居住中の物件の見学は気が引ける気持ちも良く分かりますが遠慮せずにいろいろなところを見せてもらい、 実際住んでいる売主様に住み心地を聞いてみるのも参考になります。 また建物の管理状態を知る上で共用部の清掃が行き届いているかも大事です。 その他に駐車場・駐輪場の料金・ゴミ置場の状況 ・管理人の勤務体制(日勤・巡回・自主等)も確認した方が良いです。
駅から10分ってどれくらいですか?
徒歩については80mを1分として計算するように不動産の表示に関する公正競争規約で定められており10分だと800mになります。 細かい話をすると1分未満は切り上げますので720mから800mまでが10分圏内、これは直線距離でなく坂道や歩道橋、信号などの待ち時間は含まれないため、 実際に歩いた場合は表示よりも時間のかかることが多く、 さらに地下鉄の駅の場合は最寄りの地上出入口からのカウントになり地下に入ったものの長い地下連絡通路を歩く場合があります。
間取りの「S」「N」って何ですか?
間取りの「S」「N」は納戸を意味します。「建築基準法」で定められている採光基準や換気などの基準を満たしていないため 「居室」表示ができない部屋については「納戸等」と表示しなければなりません。 低層階では納戸でも高層階では居室の場合などもあります。同じような理由で広さによって「L」「D」に別れるため、 見た感じは3LDKなのに表記では3SDKなど知っていると掘り出し物を探し当てることができます。
提携ローン以外を利用できますか?
弊社提携ローンのメリットは住宅ローンの申込みから融資実行日までのスケジュール管理と手続きの一本化といった利便性ですが、 金融機関は勤務先提携の職域ローンやネット銀行をはじめお客様がご自由に選択可能です。 実務的には低金利のネット銀行は人気ですが本審査で否認されるのと審査時間が長いの傾向があります。 その他の金融機関は相手先担当を決めていただければ、弊社が間に入ってスムーズに手続きを代行させていただきます。
ローン代行手数料は必要ですか?
一般的な金融機関に支払うローン事務手数料は必要ですが、弊社が手続きを代行するための手数料は提携ローン以外でも一切いただいておりません。
すでに他のローンがあるのですが?
買換えによる現在の住宅ローンはほぼ問題ありませんが、自動車ローンや教育ローン、フリーローン、クレジットカードのキャッシングや分割払い、 リボ払いなどは影響します。
買換について教えてください。
売却から購入までの流れを円滑に進行させるのは難しく、手持ちの物件を売却し新たな物件を購入する際に、 場合によっては仮住まいが必要になる場合があります。 売却資金で購入をする方は売却を先行させるのが良いですし、 住宅ローンが残っている場合は完済してからでないと新規にローンを組むことができませんので売却先行になります。 ローンがない、既に完済している、そして自己資金にゆとりがある方などは、購入を先行させることができます。
買付けとは何ですか?
業者により「購入申込書」「買付け」「買付証明書」など呼び方は異なりますが、気に入った物件の売主に対し購入希望の意思表示をする書類のことです。 一般的には買い付け順で商談の優先権が決まりますが、購入条件などにより必ずしも順番通りとならない場合もあります。 買付けに対し売主側から買主に対し売却の意思表示をする「承諾書」「売渡承諾書」が発行される場合もあります。 双方とも法的に拘束力はありませんが、これらの書面を元に次のステップに移りますので撤回のないように慎重に発行するようにします。

マンション購入