入居申込と審査と仮押さえ

賃貸借契約で一番トラブルが多いですが、原則として賃貸借契約において「仮押さえ」という項目はありません。
あるとすれば入居申込書の必要事項を埋めれずに入居審査すらできない段階のみで、待ってもらえても週末をはさまない数日が限度になります。

そして入居申込書はとりあえず物件をキープするために提出するものではなく、入居の意思が固まった段階で入居審査に通過すれば入居することが前提で提出するもの。

キャンセル時のペナルティとしてかつては入居申込金などの名目で金銭を没収するところもありましたが、今では仮に入居申込金を預けていてもキャンセルすれば返還されるのが普通です。

ただし金銭的なペナルティはなくなりましたが、不動産業界では申込のキャンセルは信用失墜として忌み嫌われるため、
あちこちに入居申込書を書いてはキャンセルするようなお客さんはどこからも相手にされなくなってしましますのでご注意を。