不動産投資セミナーで学ぶコト

これから不動産投資を始めようとお考えの方にとって不動産投資セミナーはアリだと思ってます。それでも中には怪しさ全開だったり、きな臭いセミナーもあって本当に意味のあるセミナーを見極めることが何より大切。

具体的には「一連の流れ」「物件の選び方」「失敗事例」の3点さえつかめれば問題ありません。有料無料は問いませんが、物件の購入を勧められるようなところは避けておいたほうがいいでしょう。初心者にとって「入居者付」「管理付きで管理費無料」「仲介手数料無料」など言われればバラ色の物件でなく、安く買って息のかかったものを住まわせて高く売りつけてるだけに過ぎません。非公開物件と言われ、誰かが先に買います!俺も!俺も!ってなってきたらサクラですので即退出してください。

そして本当に最初は損しなければいい程度の意気込みで、スキームをつかむ練習として小さな物件を回すことから始めましょう。 各種指標も基本的にはGPI、EGI、NOI、ADS、BTCF、ATCFくらいをざっくり理解できればそれでOK。 英語やカタカナになると難しく思えますが意味がわかると実際は簡単です。

不動産投資は融資受けて購入して管理しつつ期を見て売却するのが一連のスキームです。

例えば融資について国金(日本政策金融公庫)から引っ張れればいいですが、それこそ創業支援セミナー受けて事業計画書の書き方とか学ばないとなかなか飛び込みでは厳しいものであったり時間がかかったりします。そんなことに大切な時間を費やすくらいなら民間の投資型多目的ローンとかオーナーローンのほうが手っ取り早くタイムリーに動けたりして融通が利いて便利だったりします。