“借りれる額”と“返せる額”の違いを知る

購入希望のお客さんから「いくらの物件まで買えますか?」と「いくらまでローン借りれますか?」とよくご質問されます。

模範解答的にお答えすると「年収の8倍=借入限度額」が大手銀行さんの基準になりますので、年収600万の方だと4,800万円まで借りれる計算。借入期間も大手銀行さんは当たり前に最長の借入期間年を推奨。

ただしFP的な視点で見るとこの数字はかなりリスキーなため、実際は年収の5倍程度の3,000万円を目安にご提案させていただきます。

借入額を決める際のもう一つの指標に「返済負担率(返済比率)」というものもありますが、これは額面年収に対して住宅ローンの年間返済額が占める割合のことで、こちらは25%を一つの目安に可能な限り20%以内が理想かと思います。

つまり年収600万の方だと年間返済額が120万の計算。

これらをまとめると「年収600万の方で3,000万のローンを毎月10万円ずつ25年に渡って返す」、これなら収支が多少悪化しても計画の見直しもしやすくなります。このように住宅ローンの“借りれる額”と“返せる額”が微妙に異なることをイメージしてもらえれば幸いです。